トップ > お知らせ
 

「観光で東北を元気にします」 ご意見・ご感想募集               (読売新聞 2015年2月27日付 掲載記事)

2015-02-26
読売新聞 2015年2月27日付の記事「観光で東北を元気にします」をご覧になっての、ご意見・ご感想をお聞かせください。なお記事をご覧になっていない方は以下よりご覧いただけます。
皆様のご意見・ご感想お待ちしております。
 
 

いわぬまの震災語り部募集

2014-12-03

あなたも“いわぬま語り部ガイド”として震災の記憶を語り継ぐ!

東日本大震災の記憶を後世に語り継ぐことや、津波により失われた岩沼沿岸6集落(相野釜・藤曽根・二野倉・長谷釜・蒲崎・新浜)の歴史や自然、文化、風土、習慣などを発掘し、地域の語り部として市内外に発信、後世に語り伝えることを目的に、“いわぬま語り部ガイド”となる方を広く募集します。
震災を実際に経験された方、震災当時の様子を語り継ぐという気持ちのある方、かつての沿岸部の様子を後世に語り継ぎたいという方など、お待ちしております。
失われた沿岸部の風景を、そして、これからつくり上げる岩沼を、当市の良さを一緒にPRしていきましょう。
受講は無料で、研修会の終了後、希望者は語り部として活躍いただく予定です。

岩沼震災語り部研修会 日程(定員20名) 参加費無料
 
日時 場所 研修内容
1月15日(水)
14:00~15:30
千年希望の丘 相野釜公園 現地実踏で施設の説明を受けます。
※送迎バスにて移動(13:15岩沼市役所庁舎東側集合)
1月29日(木)
13:30~15:30
岩沼市役所 1階大会議室 地域の基本情報の抽出及び震災経験の共有で伝えるべきことを
整理します。
2月19日(木)
13:30~15:30
岩沼市役所 6階第2会議室 プログラムとしての基本の流れを整理したうえで、来訪者受入に
必要な事項をまとめます。

【申込資格】
①震災の記憶を後世に語り継ぎたいという想いのある方
②全3回の研修すべてに参加することが可能な方

【申込方法】
以下より申込用紙をダウンロードしていただき記入の上、下記問い合わせ先にFAXいただくか、または電話にてお申込ください。

【問い合わせ先】
岩沼市(市民経済部商工観光課)
TEL:0223-22-1111(内線322) FAX:0223-22-1264
 

外客免税コーディネーター受講者募集

2014-10-09
【受講のメリット】
復興庁「新しい東北」先導モデル事業「外客免税コーディネーター養成講座」を修了し、日本インバウンド教育協会より「外客免税コーディネーター」として認定されることにより、同協会公認のテキストに基づいて、小売業者を対象に、免税免許取得及び、免税販売に関するインバウンド有料セミナー(3時間)を開催することが出来ます!


 
 

スマホで復興商店街でつなぐスタンプラリーに参加!

2014-08-18

スマホアプリ「旅ぷら」でスタンプラリーに参加しよう!

スマホアプリ「旅ぷら」で復興商店街でつなぐ旅スタンプラリー第3弾に参加することができます!
アプリをダウンロードして、「イベント・クーポン」から復興商店街でつなぐ旅スタンプラリーを選択したら、スタンプ設置場所にあるPOPにかざすもしくはQRコードを読み取るだけでスタンプGET!!
スタンプを集めて応募すると、抽選で東北の旅館・ホテルペア宿泊券や復興商店街特産品詰め合わせ、道の駅特産品引換券などうれしい商品が当たります。
さらに、今年は楽天イーグルス賞として、楽天イーグルス観戦チケットが当たるチャンスも広がりました。
「観て 買って 食べて 復興を応援しよう!」

 
 スマホアプリ「旅ぷら」のダウンロードはこちらから!!


 



▲ページTOPへ